制度の必要性と利便性|一棟マンションで不動産投資を行うなら周辺環境を確認して家賃設定を
建物

一棟マンションで不動産投資を行うなら周辺環境を確認して家賃設定を

制度の必要性と利便性

男性

不動産投資を行なっている中で家賃保証という制度があります。この制度をうまく利用するとリスク回避を行なえますが、何も知らないで行なってしまうと収益を下げてしまうだけになるので知っておきましょう。

今から不動産投資を始める人の中には家賃保証ってなんだと思う方もいるでしょう。家賃保証とは管理会社に購入した物件の管理を委託し、代わりにやってもらうことを言います。
メリットとしては空室になっても管理会社から毎月家賃収入をもらうことができることです。また、大家さんとして入居者と顔を合わせることがないので賃貸経営をしたことがない方でも簡単に不動産投資を行なえるようになります。
大家さんとして入居者と関わるようになると家賃の集金やクレームの処理、滞納の催促、更新、契約などを自分で行なわないといけなくなります。多くの物件を持っていたり、空室が改善されなかったりなどのときはこういった家賃保証を利用してリスクを軽減させることができるのです。
実際、家賃保証は収入が少なくなります。そのため、毎月家賃収入をもらえるようになるので魅了的と思われますが、管理を委託してしまえば、敷金や礼金などを高く設定し、不動産管理会社の利益が高くなっており、本来入ってくるはずの利益が少なくなってしまうなどのリスクも考えられます。初めての方は不動産会社のうまい言葉で乗せられてしまうこともありますが、夢である不労所得を得るためには委託するよりも自分で経営する方がいいでしょう。